HB(ホームベーカリー)レシピ

天然酵母4、風と光 有機穀物で作った天然酵母

風と光 有機穀物で作った天然酵母

 この天然酵母は 自然食品とオーガニックの、風と光(The Wind and Light)という会社が扱っている天然酵母(ドライイーストタイプ)です。製造はドイツ・アグラーノ社です。

風と光社のホームページには、以下のように書かれています。

酵母を有機穀物で作った糖分を栄養源にして、オーガニックの栄養素で育てたドライイーストタイプの天然酵母で、エコサート有機認証団体認証/LAS有機認証品を受けている。
原料はすべて遺伝子組換フリー。廃糖蜜や化学薬品等は一切使用せず、イーストが大量生産される前の時代の、素朴な原料と方法によって作られた酵母です。

風と光天然酵母風と光天然酵母

有機穀物で作った天然酵母・ドライイーストタイプ・1斤使い切りタイプの使い方

1, ドライイーストと同じ使い方です。ホームベーカリーの自動コースを使うときにはイーストポケットに入れるだけです。HBを使わず手ごねで作るときは、この有機天然酵母を直接、小麦粉に混ぜて使います。
ホシノの天然酵母や白神こだま天然酵母(ドライGではないもの)は、酵母をぬるま湯などに溶かして 生種作りという工程がありますが、この風と光社の天然酵母はその必要はありません。かえって水に溶いてはいけません。

2, 通常のパンには、1斤で1袋を使います。ただし全粒粉や雑穀を使う場合や菓子パンの場合は約2倍(2袋)を使います。天然酵母ではないドライイーストを使う場合でも、全粒粉や雑穀を混ぜるとパンの膨らみは少なくなりますから、この天然酵母の使用量が増えるのは、仕方がないことだと思います。

3, 保存方法 冷暗所で保存し冷凍保存はしない。使いかけは冷蔵庫に保管し早めに使い切ります。

4.この酵母を使った生地は柔らかめになります。成形パンを作るときは、水分を心持ち少な目にすると扱いやすくなります。

この天然酵母を使って焼いたパン

風と光天然酵母のパン

ホームベーカリーPanasonic, SD-BM103のドライイーストコース・食パン・焼き色標準で焼いたパンの写真です。材料は基本の分量です。強力粉280g、砂糖大スプーン2杯、スキムミルク大スプーン1杯、バター10g、塩は減塩で、小スプーン3/4杯、冷水200cc、そして、この有機天然酵母3g入りを1袋です。 

焼きあがった第1印象は、高級な小麦粉を使わなかった割には、膨らんだなということです。天然酵母のパンはだいたい膨らみが少ないのですが、これはさほどではありませんでした。

パンの肌理は一部粗いところもありますが、全体としては細かく、柔らかくできました。

そして、おいしかった。他社の天然酵母のような天然酵母独特の天然酵母臭も少なく、カメリアなどのドライイースト臭も少なく、癖のない味です。また不思議ですが、スキムミルクの使用量も多くないのに、クリーミーに感じました。もっちりしていて、ほのかな甘みのある、優しい味です。

初めての酵母ですから、ほかの家庭でも試用しましたが、その家庭では2人の子供たちがとても気に入って、1斤のパンを2日で完食したそうです。

私もとても気に入りました。この風と光社の有機天然酵母ならば、いろんな具材を混ぜて作るアレンジパンでもその風味を活かして作ることができると思います。価格は3g入り10袋で600円弱です。(2013年10月現在)
愛知県一宮市ではスーパーマーケット 成城石井、尾張一宮駅前ビル店で扱っています。


Sponsored Link
● サイト内検索(材料で検索できます)
● パンの材料のカロリー
● 天然酵母について
● 天然酵母(生種作りをするタイプ)のパンのレシピ
● HB用天然酵母ドライGを使ったレシピ(白神こだま酵母ドライG)
● 風と光 有機JAS認定有機穀物で作った天然酵母を使ったレシピ
● 生イーストを使ったレシピ
● 天然酵母パンのお店紹介
● ドライイーストを使ったパンレシピ
● その他
● ホームベーカリーの機種