HB(ホームベーカリー)レシピ

HB(ホームベーカリー)でつくる金柑(きんかん)食パン

金柑のシロップ煮を入れた食パンを作りました。ほんの少しほろ苦みがある甘酸っぱさがあって、とても美味しいパンになりました。
庭に金柑があって毎年実をつけるので、生で食べられない分を砂糖で煮ておいたものです。 実をつけるようになってもなかなか甘くおいしくはなりませんでした。使い終わったてんぷら油を木の根元にまくようになってから、甘くなりました。肥料の油粕をやるようなものですね。
写真は、だいたい15個分の皮部分で100g位です。金柑を丸ごと煮ましたので、種を取るために実の部分を外しました。

金柑シロップ煮

材料

日清強力粉280g, スキムミルク大スプーン1杯
砂糖(粗製糖)大スプーン2杯(金柑に甘味があるので砂糖は大スプーン1杯でもOK),
金柑のシロップ煮皮部分100g位、
コンデンスミルク 大スプーン1杯(オイルの替りに使うと半分ほどのカロリーカットになります)
塩 小スプーン3/4、 水200cc(金柑のシロップ煮の水分が多いようでしたら、水は少なめにします。)
ドライイースト 小スプーン1杯

作り方

1,金柑の種部分を取り、粗いみじん切りにし、他の材料とともにパンケースに入れます。
2,ドライイーストコース、ソフト食パンコース、焼き色薄目で焼きます。

金柑食パン

金柑の栄養

きんかんは皮に部分の栄養が多い珍しい果物です。未成熟のきんかんの皮は苦味が強いですが、完熟したものは苦味が少なくなり、香りがよく酸味と甘みがバランスよくてとても美味しいです。ビタミンCやカルシウムが豊富に含まれています。実にもビタミンA,ビタミンB、カリウムが含まれています。

金柑はビタミンが豊富なので風邪の予防や咳、のどの痛みの解消に役立ちます。砂糖煮の金柑を数個そのまま食べたり、暑いお湯を注いで飲んだりすれば体が温まります。

金柑のシロップ煮、砂糖煮の作り方
1.金柑は洗って皮に切れ目を入れます。煮ているうちに、実が膨らんではぜるのを防ぐためです。
面倒でなければ半分に切って、種をつまようじなどではじき出します。
2. 1.2度茹でだします。鍋にたっぷりの水と金柑を入れて煮立て、沸騰したらお湯を捨てます。皮の苦味を調整するためです。苦いのが苦手な人は好みになるまで、数回茹でこぼします。
3. あらためて鍋に金柑とヒタヒタの水を入れて、金柑の重量の1から1.5倍程度の砂糖を加えて煮詰めます。砂糖の分量は少なめから始めて好みの甘さにしてください。長期間保存するなら砂糖は多めにするか、冷凍保存が良いでしょう。

ホームベーカリーPanasonic, SD-BM103、スプーンは付属のもの、さじは市販の計量スプーンのことです。


Sponsored Link
● サイト内検索(材料で検索できます)
● パンの材料のカロリー
● 天然酵母について
● 天然酵母(生種作りをするタイプ)のパンのレシピ
● HB用天然酵母ドライGを使ったレシピ(白神こだま酵母ドライG)
● 風と光 有機JAS認定有機穀物で作った天然酵母を使ったレシピ
● 生イーストを使ったレシピ
● 天然酵母パンのお店紹介
● ドライイーストを使ったパンレシピ
● その他
● ホームベーカリーの機種