HB(ホームベーカリー)レシピ

HB(ホームベーカリー)とオーブンでつくる桜あんのちぎりパン

春、桜の季節です。「さくらの葉パウダー(パイオニア企画)」と,お祝いの席で縁起物として飲まれる桜湯に使う「桜の花の塩漬け」の両方を使って、あんこ入りのちぎりパンを作りました。葉の粉末は皮に練り込みましたが、花は直接加熱しないほうが色や香りが生きると思い、餡に入れました。
ドライイーストのような使い方をする天然酵母「風と光」を使いましたので、パンの皮はしっとりとして、まるで蒸しパンのような食感です。
とても香り豊かなちぎりパンになりました。

さくらの葉の粉末さくら花の塩漬け

材料

1.強力粉 SHOWA280g , スキムミルク大スプーン1杯 , 砂糖大スプーン2杯 ,
塩小スプーン1/2杯(減塩です、葉の粉末と花に塩分がありますので控えました)
コンデンスミルク10g(オイルやバターの替り、低カロリーです)
天然酵母「風と光」1と1/2袋、水180cc,桜の葉の粉末 大さじ1杯位、

2.白インゲンの水煮缶2/3缶、砂糖大さじ2杯位、桜の花の塩漬け6個位

作り方

1.天然酵母「風と光」はイースト容器に入れます。材料2以外はパンケースにいれ、生地コースで作り始めます。

2.桜あんこを作ります。インゲン豆の水分を切り、砂糖大さじ2杯位(量はお好みで、私は甘さ控えめにして、葉っぱや花の塩味を生かすようにしてみました)を混ぜてブレンダーにかけてから加熱して、あんこにします。水分は少ないほうが良いです。
桜の花を水につけて塩分を抜きます。結構塩が効いているので味見しながら塩分を調節してください。それをみじん切りにしてあんこに混ぜておきます。

材料白インゲンの缶詰桜あんこ

3.生地つくり完了の合図がしたら、打ち粉をしたまな板などに取り出します。丁寧に作るのなら、そのまま布巾をかけて10分程度休ませますが、私はすぐに適当な数に分けて成形します。

成形

4.成型したパンをオーブン皿に並べて40分ほど発酵させます。私はオーブンの発酵機能を使いました。それ以外の方法なら30度くらいの温度で発酵させます。2倍ほどの大きさに膨らむのが理想ですが、この天然酵母の生地の膨らみ方はドライイーストより少な目です。左が発酵前、右が発酵後。

発酵前発酵後

5.発酵が終わったら、オーブンを180度ぐらいに予熱して、15分前後焼きます。時間はオーブンによっても違うと思いますので調節してください。

桜あんこのちぎりパン桜あんこのちぎりパン

ほんのりと薄緑の柔らかくて、香りの良いパンができました。友人たちも、とても気に入ってくれ、何度でも作りたいパンになりました。

ポイント
1.あんこは桜の香りを引き立たせるために白餡にしました。市販の好みのあんこを使ってもよいでしょう。
2.水と塩の替りに桜の花の塩抜きに使った水を使ってもよいと思います。この水に溶けだした桜の風味を生かすことができます。この場合は全体の塩分量に注意してください。
3.天然酵母「風と光」はドライイーストより、しっとりと柔らかく生地が仕上がりますので、加える水は、少な目が良いでしょう。このレシピは180㏄にしてありますが、190㏄の時は柔らかくて扱いにくかったです。

ホームベーカリーPanasonic, SD-BM103、スプーンは付属のもの、さじは市販の計量スプーンのことです。


Sponsored Link
● サイト内検索(材料で検索できます)
● パンの材料のカロリー
● 天然酵母について
● 天然酵母(生種作りをするタイプ)のパンのレシピ
● HB用天然酵母ドライGを使ったレシピ(白神こだま酵母ドライG)
● 風と光 有機JAS認定有機穀物で作った天然酵母を使ったレシピ
● 生イーストを使ったレシピ
● 天然酵母パンのお店紹介
● ドライイーストを使ったパンレシピ
● その他
● ホームベーカリーの機種