HB(ホームベーカリー)レシピ

HB(ホームベーカリー)でつくる コーンとチーズのちぎりパン

ホームベーカリー(Panasonic, SD-BM103)の、メロンパンコースでコーンとチーズを入れた、「お楽しみちぎりパン」を作りました。ひとかたまりをちぎり分ける時、上手にできるか、具材が飛び出たりしないかと、ドキドキ・わくわくして楽しいです。ちぎり分けやすく焼くには、丸めたパンに粉をまぶしてパンケースに入れるのがコツです。

コーンとチーズのちぎりパンシャキットコーン

材料

強力粉 SHOWA 200g , スキムミルク大スプーン1杯6g , 砂糖大スプーン2杯 ,
塩小スプーン3/4杯(減塩です、規定では小スプーン1杯です)
バター20g(HBのレシピでは35g使うことになっていますが少なめにしました)
缶詰のコーン粒タイプ適量(水分をよく切って使います。具材とほかの材料全部で600gまで)
スライスチーズ適量、溶き卵1/2個、
ドライイースト小スプーン1,1/4杯、冷水100cc(コーンの缶詰の汁を合わせて100ccにするとコーンの味が濃くなります。お好みで。)

作り方

1,イーストはイースト容器に、コーンとチーズ以外の材料をパンケースに入れ、メロンパンコースのスイッチを入れます。手作業を始める時間が表示されますので、その時間までに具材の用意をします。コーンの水分をキッチンペーパーなどで吸い取ります。
2.気温にもよりますが約55分後に作業開始の音がしたら、蓋を開けてパン生地を取り出し、羽根を取り外します。(この時、取消を押さないこと)
3.成型します。パン生地を12個に切り分けて、コーンとチーズをのせて丸く成型します。

コーンとチーズのちぎりパンコーンとチーズのちぎりパン

コーンとチーズのちぎりパン

4.成型したパンをパンケースに並べてスタートを押します。
このときにパンの表面に薄く粉をまぶしておくと、出来上がったときにちぎりやすいようです。粉をまぶさずに作った時、しっかりとくっついていて、きれいにはがせませんでした。

ちぎりパンパンケース

5.約1時間後に焼きあがります。市販のちぎりパンの皮は柔らかいですが、これはよく焼けて固めでパリッとしています。しっかりと噛みしめて味わってください。

コーンとチーズのちぎりパン

ポイント

1.具材の水分は少ないものが適しています。水分の多いコーンはキッチンペーパーで水分を吸い取るか、煮詰めて水分を飛ばしてもよいです。
2.重みのため下のパンは上のものより小さくなるようですので、下のパン生地の量を少し多めにするか、ピラミッドのように上を軽くすると良いようです。

チーズを使ったパン

イタリアントマトのチーズ風味食パン

ライ麦とクリームチーズの天然酵母食パン

トマトチーズ食パン

ホームベーカリーPanasonic, SD-BM103、スプーンは付属のもの、さじは市販の計量スプーンのことです。


Sponsored Link
● サイト内検索(材料で検索できます)
● パンの材料のカロリー
● 天然酵母について
● 天然酵母(生種作りをするタイプ)のパンのレシピ
● HB用天然酵母ドライGを使ったレシピ(白神こだま酵母ドライG)
● 風と光 有機JAS認定有機穀物で作った天然酵母を使ったレシピ
● 生イーストを使ったレシピ
● 天然酵母パンのお店紹介
● ドライイーストを使ったパンレシピ
● その他
● ホームベーカリーの機種